牡蠣エキス 妊娠中 高血圧予防

牡蠣エキスが妊娠中の高血圧予防に!?

牡蠣には血圧を下げる効果があります。

 

具体的にはタウリンとエイコサペンタエン酸(EPA)と呼ばれるものが作用しています。単純に血圧を下がるだけでなく、心疾患全体に有効とされており、不整脈や血中コレステロールの沈着を防ぐ効果もあります。

 

妊娠中には血圧の薬を飲めないことから、妊婦に対して病院は牡蠣を積極的に摂取するように指導するところも多いのです。もちろん加熱処理は大事ですので気を付けて食するようにしましょう。ただ、毎日牡蠣料理を妊婦に食べなさいというのは不可能ですので牡蠣エキスサプリを利用するのが一番近道です。もちろん妊娠中でなくてもこの効果は持続しますので、性別や年齢を気にせずに健康のために摂取を続けてほしいと思います。

 

そしてサプリメントを摂取することによって妊娠中に必要な栄養素をまとめてとれるところも魅力的です。つわりやホルモンバランスの乱れにより、食事をまともに取れない方も多いため、栄養不足が心配です。胎児にも影響しますので母親がしっかりとサプリメントこういった栄養補給をすることで母子ともに安定します。

 

出産に備えて早い段階からサプリメントを飲み始め、少しずつ丈夫な体を育んでいきましょう。高血圧予防をすることで、貧血やむくみなど他の症状を抑える効果もありますのでとても大事です。

 

毎日の習慣にして飲み忘れないようにしたいですね。

 

おすすめの牡蠣エキスサプリはこちら