牡蠣エキス 肝機能

牡蠣エキスが肝機能を高める?

肝臓に効くというとどうしてもウコンを思い出しますが、実はあまり効果がないということがわかってきました。クルクミンと呼ばれる成分が効くといわれてきたのですが、残念ながら吸収されにくいためです。

 

ウコンよりも牡蠣の方が肝機能強化に効く栄養分をバランス良く含んでいます。

 

牡蠣にはビタミン、ミネラル、アミノ酸、グリコーゲンなどが含まれており、特にこの中のタウリン、グリコーゲン、亜鉛が肝臓に効く成分とされています。では具体的にはこれらはどのような活動をしてくれるの
でしょうか。

タウリン

アミノ酸の一種で、肝臓の代謝機能改善、血圧正常化、体力や気力の回復に効果があります。

 

グリコーゲン

筋肉や肝臓などに蓄えられ、運動する方にも必要です。肝臓の働きを助け、ホルモンバランスを整えながら活力を与えてくれます。

 

亜鉛

インスリンの分泌、ホルモン代謝、生殖器、脳機能の活性化に役立ちます。

 

これらを見てわかるとおり肝機能にとどまらず、人間のあらゆる器官に働きかける大事な栄養素を牡蠣で摂取できるということです。普通に食事をしただけでこんなにたくさんの栄養素をとれることは滅多にありません。

 

サプリメントを活用することで効率良く、かつ簡単に毎日摂取できます。しかもサプリメントの場合は、牡蠣だけでなく他にも滋養強壮に効く食材までプラスされているものも多いので相乗効果も期待できます。朝の目覚めがすっきりすると気持ちまで明るくなるでしょう。

 

ぜひ積極的に活用することをおすすめします。

 

おすすめの牡蠣エキスサプリはこちら