亜鉛 副作用 過剰摂取

亜鉛の過剰摂取による副作用はどんなの?

健康な体作りに不可欠な亜鉛なのですが、サプリメントなどによる過剰摂取が最近問題になっています。

 

 

通常の食事ではすべて吸収されるわけではないので問題ありませんが、サプリメントになると純粋に亜鉛だけのものがありますので、飲みすぎるとすぐに過剰摂取になってしまいます。

 

手軽に飲める分、摂取量には注意してほしいものです。1日2000mg以上摂取した場合、急性中毒になる危険性も指摘されています。

 

副作用にはどんなものがあるの?

では具体的にはどのような副作用が見られるのでしょうか?
実際に出てくる症状は以下の通りです。

  • 頭痛
  • 発熱
  • 嘔吐 
  • 倦怠感
  • 神経症状
  • 脱水症状
  • 下痢
  • 腎臓の障害
  • 銅欠乏
  • 鉄欠乏
  • 貧血
  • めまい
  • 免疫障害

 

適量を摂取すれば、実に良い働きをする亜鉛ですが、摂取方法を間違えると逆に体に毒となってしまいます。サプリメントを活用する場合は、規定量を正しく摂取するよう心がけましょう。

 

飲み忘れたとしてもまとめてとるようなことは厳禁です。無理に大量に摂取したとしても余剰分は排出されてしまうので意味がありません。

 

どんなサプリメントでもそうですが、いきなり即効性のあるものはほとんどないと考えていいでしょう。体質改善は最低でも1か月、通常でも3か月くらいはかかります。焦らずに毎日続けることが大事です。

 

関連記事

牡蠣エキスが肝機能を高める?

牡蠣エキスサプリはこんな方におすすめ!

妊活中の男性に亜鉛は必須!?

亜鉛たっぷり牡蠣エキスサプリと生牡蠣はどっちが効果ある?